12.31.2018

ちょっと話があるの

長井弘作、33才独身会社員。このご時世に珍しく、社会人になって以来ずっと同じ会計事務所に勤めている。

大掃除の仕上げにフローリングの雑巾掛けをしながら、ぼんやりと去る歳を振り返っていた。今年は本当に仕事が忙しかった。ふと友人や家族とほとんど顔を合わせていないことに気づく。インターネットやメールは便利なもので、生活のリズムを一切崩さず近況を報告したり相手の状況もなんとなく伝わってくる。用事もない電話、直接会いたいという要望、最近元気といった曖昧な問いは、相当のことがなければしない。もっともその「相当のこと」すら140文字や写真やイベント告知で済ませることも可能になっていた。

来年は会社を辞めて、長年の夢だった南米アコンカグアの登山に挑戦しようと思っている。そのため婚約破棄し、家を引き払い足立区のワンルーム風呂なしアパートに引っ越して、全ての財産をトレーニングや必要設備に費やすことになる。

しばらく音信不通になるので、ひとまずツイートを作文することにした。

---------

今年もこれで閉店です。

お世話になった方々、今年もお世話になりました。みなさまの年越しが穏やかでありますよう心より祈っております。

来年もよろしくお願いいたします。

ヒナミケイスケでした

12.13.2018

私なりの老後

麻原光男、67才無職婚歴なし。

若くないが、気はそんなに年老いたつもりでもない。子供の頃、歳をとれば当たり前のようにゲートボールを始めておかゆしか食べない人間になるのではないかと恐れていたが、いざ歳食ってみてそうでなかったことにホッとしている。

土曜日の昼下がり、六本木一丁目にある高層オフィスビルの屋外喫煙所。鏡のように磨かれた黒い革靴、ベージュに赤ストライプのウールパンツ。赤と緑のプレードチェックのロングコート、レモン色のハット。立派な白ひげをはやしている。イオンの安い発泡酒を片手に、小洒落たパン屋で買った小洒落た菓子パンをむしゃむしゃ食べている。

現役時代は出版会社の営業マンで、仕事も遊びもこの界隈だった。定年してから時間だけはあるので、こうして街をぶらぶら散歩するのだった。

去年だったか道端で、流行りのシニア向けファッション誌のスカウトに出会い、スナップが掲載された。ちょいワルエレガントおじさまの模範とかなんとかコピーもつけられた。いい気分だった。それから少しずつ洋服に興味を持つようになり、あれこれ冒険してみるうちすっかり個性派な仕上がりになってしまった。

11.11.2018

上京の状況

野瀬貫太、専門学生19才、新潟出身。

地元大学への受験に失敗したので、上京することにした。都合よく高円寺在住の叔父がおり、居候させてもらうことになった。

これといった東京の暮らしへの憧れや期待はないが、せっかくなら都会の暮らしを楽しもうと思っている。贅沢はできないが、ある程度時間の余裕はある。

最初の方は人付き合いが手探りだった。専門学校では様々の年齢層や経験の違う人間がごちゃごちゃになっていて、自分のように高校上がりの若年層もいれば、まったく世界観の違うヤンキー、脱サラ、そもそも専門分野に情熱をもって通ってる人もたくさんいた。

気の合う仲間に落ち着くのに時間がかかるし、気疲れもした。東京に出てきて意外にも、一人で過ごす時間の楽しみも知ることになった。知らない街を散策したり、映画にいくこともよくあった。一人で飲むブラックコーヒーの美味しさも、この頃覚えた。

あと、昔テレビドラマでよく見る東京の若者の遊びといえばゲーセンだった。野瀬もたまにゲーセンのUFOキャッチャーで遊び、少し上手くなってしまった。難しい獲物は大きなぬいぐるみや箱モノだが、重心のずらし方のコツがつかめればすんなりとれることもある。読みが当たって一発でとれると実に気分がいい。

大きなぬいぐるみを抱きかかえて街を歩く姿は自分でも滑稽に思えたが、得意なことが一つできて少し嬉しく思っている。

10.13.2018

奇跡の二人

安河弘樹48才。北山基47才。

二人は同じ埼玉のベッドタウンで暮らす同級生だった。安河は市役所に勤め、北山は地元の運搬会社。安河は妻と5才の娘がおり、北山は独身。仲が良く、月に何度か駅前の居酒屋で飲んでいた。

一見慎ましい二人の中年男だが、実は奇跡的な関係にある。

安河は一昨年のサマージャンボの大当たり当選者であり、北山は昨年の年末ジャンボ。同じ街の知り合いが大当たりを出すことは、無論チリのような確率のこと。しかし、それぞれ億万長者である事実を相手に伝えていない。嫉妬や妬みで人芸関係がこじれるのを恐れているからだ。

安河は子供の学費とローンの返済に回し、残りで資産運用を考えている。以前からしてやろうと思っていた両親の家のリフォームも。

北山は身寄りがおらず、金の大部分は定期口座に眠らせている。以前から欲しいと思っていたワンボックス車を買ったくらいだ。

依然として月に何度か駅前の居酒屋で飲んでいる。変わらず他愛ない会話をしているが、今年の宝くじを買うかという話題だけは自然としなくなっている。

9.15.2018

クレーマー

霊媒師を怒らせてしまい、ちょっと呪われてしまった。具体的には来週半ば交通事故で怪我する予定である。

冷やかしでいった自分も悪いが、霊媒師に呪うスペックがついてること自体盲点だったし、正直反則だと思っている。

小学2年生の時、田舎のばあさんの家にあったアリの巣をホースで水没させた。一匹ずつ謝罪したいとお願いしたら、当然だが断られた。アリンコの輪廻の回転はめちゃめちゃ早いので、30年前の魂は人間にたとえると石器時代にタイムスリップするほどに匹敵すると説明された。

悪い癖なのはわかっている。なんでできないんですか、プロじゃないんですか、アリンコの魂なめてるんすか、とついつい屁理屈を口走ってしまった。

我ながら悪趣味だ。本当に交通事故にあって、無事だったら改めたいと思う。